フットワークなんて無理と思っている方必見!

 皆さんこんにちは

テニスコーチの高山です。

足が遅いからフットワークなんて無理ですコーチ!なんて思っているそこのあなた!!

ほんの少し発想を変えて、古い常識を改めためるだけでコートカバーリングが良くなったり、球際に強くなったりします。

足が遅くても素早いフットワークはできるのです!

コートカバーリング能力は足の速さだけでは決まらない??

ポジショニングや予測さえ良ければ、足が遅くても、動きが素早いように見せることは可能です。とくにダブルスでは、1人が動く距離は少なく、スピードに自信がなくてもまったく問題はございません。足の遅さは頭脳でカバーできるのです。



フットワークはリズム合わせでもある??

フットワークとは、移動することだけが目的ではなく、リズムやタイミングを合わせるという意味も大きい。タイミングやリズムは、足でとるのが基本と言ったほうが良いかもしれません。テニスのショットは、すべて全身運動であり、基本的にほとんどが足から始まるため、足でリズムを作るのがもっとも効率良く、かつスムーズに全身運動につなげやすい(身体全体を使って打てる)

したがって、3歩で届く距離なら3歩だけ動けば良いということではないのです。余裕があっても、足を小刻みに動かしながらリズムをとることが大切です。



ボクサーのフットワークのような軽くぴょんぴょん跳ねるような意識を持ちましょうね!

余裕があっても小刻みに足を動かしてリズムをとりましょう!!

ボールに対する反応も自然と良くなってきます!!

コメント