テニスの基礎<スプリットステップ>をマスターしよう

こんにちは、ようやく髪を切る事ができ、伸びた分体重減ったかなと思いましたがあまり変わらず焦っている森下です。

さて、今回は「スプリットステップ」についてです。
スプリットステップで大事なのは、
①タイミング
②パワーポジション
の2点です!

パワーポジションについてわからない方は、過去のブログをご参照ください!
テニスの基礎<パワーポジション>

スプリットステップはなぜ行うのか?
パワーポジションというのは、最も力が入りやすい姿勢ですので、動き出す力が強く遠くのボールまで取れるようになるのですが、スプリットステップを行う事で、パワーポジションの力を瞬間的に増幅させ、さらに動き出しの力を強くする事ができます。
要はスプリットステップをすることでより遠いボールを取れるようになるという事です。

動き出しが早いという事は、遠くのボールを取れるようになるだけでなく、早くボールに追いつけるので、打つまでの時間が作れ、フォームを崩さずに打てるボールが増えるという事ですので、安定性がとても増します。

スプリットステップの仕方
スプリットステップをしようとしたときに、明らかに”ジャンプ”をしてしまう方がいらっしゃいますが、ジャンプをしてしまうとタイミングを合わせるのが難しくなります。
早すぎても、遅すぎてもダメなのがスプリットステップです。

その場でゆっくりとランニングをするように交互に足を動かしながら、ジャンプを意識せずにパワーポジションを作る。という動きがで大丈夫です。
その場でランニングしながら誰かに手を叩いてもらって、その合図でパワーポジションを素早く作る練習をするとすぐに出来るようになります。

タイミング
最後にタイミングが重要で、スプリットステップは両足が地面に接触している時間が短い程パワーが出ますので、「相手のラケットにボールが当たった瞬間に両足が着地する」タイミングを意識してやってみましょう。

プロの方は、応用として、相手が打つであろう場所を予測し、両足同時ではなく、片足だけを少し早く着地させて更に動き出しのスピードを上げたりしています。
予測ができるからこその、難易度MAXの業ですね。
これは右足を先に着地する事で、左により早く動こうとしている瞬間です。この時相手はインパクトの直前くらいですが、相手のスイングのタイミングや態勢等からボールの方向を予測して動こうとしています。
早くボールに追いつけるという事は、体勢を崩さずに打てること、時間に余裕を持って打てることから、安定したプレーに繋がりますので、是非意識をしてやってみましょう♪

コメント