頭を使うテニスとは?【高山】

皆さんこんにちは!
暑熱順化中の高山です。30分走って汗を流しております。
本日は、1日1トレで太ももトレーニングを行います!!

頭を使うテニスは、『戦術』や『組み立て』、『確率論』など、お伝えしたいことはたくさんありますが、今回は、『相手のバランスを崩す』というお話をさせていただきます。



【相手のバランスを崩すには?】
1番シンプルに相手のバランスを崩す方法は、相手に動きながら打たせることです。
相手の正面ではなく、相手のいないところに配球すれば相手は必ず動くことになります。
相手に取られる想定で打つことがポイントです。
相手が返球してきたら、再度またいないところ(動かして空いたスペース)に配球して得点を取りましょう!


左右に振ってもコーチは返球してくるのではないか?
そこで、なぜ左右に振ってもバランスを崩さずに返球出来るのか?という目線で分析しましょう!
コーチは打った後に元のポジションに戻るのが異常に早いのでは?と仮説をたてながら見てみましょう!
裏付けが出来たら、右に崩したら、左に打つというパターンではなく、
右に崩したら、もう一度右を狙ってみるという配球をしてみるようにします!
コーチの逆をつくことが出来れば、そのままポイントをとれる可能性もあります!

テニスコートの上では、意地悪な人になるという事が大事です(笑)
どうしたら相手が嫌がるか?そんなことを考えながらテニスをしてみるのも楽しいです!


コメント