ウインブルドンはなぜ白いユニフォーム??【高山】

皆さんこんにちは!
白のテニスウェアは汚れが目立つので好んで着ない高山です!
今回はウインブルドンの白の謎に迫ります!



【ユニフォームが白いのはなぜ??】
コート上で身に着けるものはすべて白で統一しなくてはならない理由は、1884年、ウインブルドン選手権女子シングルス初代優勝者のモード・ワトソン(イングランド・ロンドン生まれ)が全身白のドレスを着てプレーしたことが起源だとされています。
また当時テニスコートは社交の場であったため、プレー時に汗が染みている姿は見苦しいことから、汗が目立たない白が採用されたという背景もあるそうです!



現在は帽子からバンダナ、リストバンド、ソックス、シューズ、までがすべて白で揃えなくてはなりません。(特別な場合を除き、医療用のサポート品も白)
ロジャーフェデラーは2013年に『靴底がオレンジ色だから』という理由でシューズの色の変更を要求されたこがあります。


【白を着ないとどうなるの?】
違反してると試合に出場する事は出来ません!罰金もあります。
試合中に違反が見つかると、着替えさせられます。
とても厳しいですね(笑)

いかがでしたか?ウインブルドンで選手が全員白を着ているのは、守るべき伝統としての決まりなんですね!

コメント