両手バックハンドストロークを強打したいあなたへ!【高山】

皆さんこんにちは。
いつでも肌が黒い高山です!

両手バックハンドストローク強打しよう!って思うと、つい力んで打ってしまいますよね??
その割には飛んでいってくれない(笑)
今回は両手バックハンドストロークについてお話していきます。




両手バックハンドストロークを強打するには
『身体のターン』でラケットを準備する事で身体の回転を使って打つ事が出来るようになると強打して打てるようになります。
フォアハンドストロークでラリーしていて、急にバックハンドストロークで打たなければならない時に、身体のターンが浅い方が多い印象です。
ターンが浅いと腕力に頼った(力む)打ち方になりやすいですよね?

『身体のターン』を意識するときのポイントは足です!
スイングの原動力は足の力で作るのです。
バック側にボールが来たら、左足に体重をのせる。(横向きを作りやすいです。)
上半身は右の肩があごに近づくように意識します。


インパクトは打点に顔を残すようにしてください。打球時、身体がまわりすぎるとパワー
ロスのもとです!!腕のスイングで上体がまわってしまってはバランスも悪くなりコントロールも不安定になってしまいます。


足でターンする!という意識を持って準備が出来ると素早い準備にもつながりやすいです!!強打する時のヒントにしてみてはいかがでしょうか??

コメント

  1. まだまだ開始には時間がかかりそうですね。自宅で素振りして、妄想プレイしてます!またショット別コーチ宜しくお願いします。村上

    返信削除
  2. 村上さん、コメントありがとうございます!テニスコーチの高山です!
    もう少しstayhomeを楽しむ日が続きそうですね!!
    テニスはイメージがとても大事になりますので、素振り練習はとても効果的です!
    レッスン再開時に、皆さんによりわかりやすく楽しんでいただけるように、私自身も勉強に励んでいますので、ショット別練習も楽しみにお待ち下さい!!

    返信削除
  3. やっと来週ですね!楽しみにしています♪

    返信削除

コメントを投稿