クイズの正解&ジュニア(グリーンボール)の適正ラケット!25インチOR26インチ??



クイズの答えは……
            

おうちです(はうす)でした!
真ん中の手は、右手か左手を指しています。
は左み(はさみ)、う左ぎ(うさぎ)、は右す(はうす)
皆さんわかりましたか????正解者には高山コーチから盛大な拍手を!!

今回は、ジュニアラケット選びの基準をお話したいと思います。
ラケットの長さは身長や体格によって変えるのも一つの目安ですが、ラケットを操作、コントロール出来、振ったラケット(遠心力による重さ)に対してボディバランスが取れるか?という事がもう一つのポイントです!

ラケットには『アルミニウム』と『カーボン』があります。
アルミニウムはボールの固さや勢いによっては変形をおこしてしまいますが、その分安価です。25インチのラケットの素材がアルミニウムが使われている事が多いです。
高学年でもテニスを始めたばかりでしたら25インチでも大丈夫です!
長さが短い分、操作性が高く扱いやすいからです!

長くテニスを続けてきているお子様には、26インチをお勧めします。(レベルにもよる)
カーボン素材がメインとなり、重量感はありますが、ボールは良く飛んでいきます。
しかし、成長期に入るお子様もいたりで、非常に振れ幅が大きいので、一概に小学校高学年は26インチが良いということはありません!
イエローボールも視野に入れながらしっかりラケットを選んでいきたいですね!

結局どっちがいいの??
テニスの技術習得にも大きく関わってきますので、コロナ収束後、是非、お子様と保護者様にご相談させていただきたいと思っています!テニスの技術習得に大きく関わってきますので真剣にお話させていただきたいです!!

コメント