イメトレで上達~ボレ~編~【森下】

こんにちは、諸橋コーチがいろいろとHuluの紹介をしていて、あんなに顔濃いのに邦画派なんだなと思っている森下です。

ちなみに私は、洋画しかほぼみません。英語がわからないのに、字幕が好きです。

さて、本日はボレーについてです!
まずはボレーのメリットです🎾

テニスはどれだけ相手の時間を奪えるかが大事です。なので、よりネットの近くから打てるボレーの方が時間が奪えて相手を追い込みやすく、決まりやすくなりますね♪

それではボレーでの気を付けること!

①グリップ
お勧めはコンチネンタルグリップです。


時間を奪える半面、相手から帰ってくるボールを早く反応しなくてはなりません。なのでフォア又はバックでグリップチェンジをしている時間はありません。コンチネンタルグリップで握ることでフォア、バックはもちろん高低差があってもしっかりと打つことが出来ます。

②面の当て方
打つ時に一番大事なのはこの向きを考えて作る事です。考え方としてはラケット面が壁だと考えます。打ちたい弾道をイメージして、飛んできたボールに対してどういう角度であてればイメージの弾道で返るのかをを練習の時にとにかく意識しましょう。強いボールはあとからいくらでも打てるようになるので、この感覚をいかに掴むかが上達の近道です。

意識としてみなさんは
1、ラケットでボールを当てている
2、ボールにラケットを当てている
どちらの感覚でしょ~か❔


上達が早い考え方は、です!
イメージしてみるとわかりますが、1と2では感覚が変わると思います。

③そして最後はフットワーク
面の当て方がうまくできてきたらフットワークを合わせてみましょう。
基本的には、右利きの場合、右足でタメを作り、タイミングを合わせて左足を踏み込んで着地と同時にインパクトを作ります。

より良いボールが打てるようになりますよ!

家で出来る練習はまずはラケッティング🎾

上でついたり、下でついたり、フォアバック交互に打ったり。横に回転を掛けながら打ったり。ボレーに大切な感覚がつかめますよ!

是非、ボールにラケットを当てる感覚!これを意識してみてください!

コメント