テニス豆知識※ストリング編※

こんにちは、2020年のオリンピックは生で見るぞ!思っている森下です!

さて最近は、かなり冷え込んでいる所ですが、皆さん。



あれ??

なんか最近ボールが飛ばないんだよな。。

短いボールが取れないんだよな。。。



とプレーをしてて思っている方はいますか?

そんな方、、、

良い感覚の持ち主です!!!!!!!



冬は、気温が下がりますよね。

ストリング(ガット)はその性質上、気温によって伸び縮みをしてしまうんです。

そしてテニスボールはゴムでできているので、これも寒さにより硬くなり飛びずらく、弾みずらくなります。

ストリングも、ボールもダブルで飛びずらくなるので、それは飛ばすのが大変なわけで、それを無理に飛ぼそうとすることで、身体に無理な力が入り、無理な筋肉を使い、手打ちになったり、それを続けることでどこかを痛めてしまったりするわけです!

そこでみんなどうしているかというと、ストリングの張りの強さを少し緩くすることで、通年で同じような飛びの感覚を保っているんです!!

ちなみにストリングも常に劣化をしていくのでどんなに長くても半年たつともう役目を終えてしまいます。

技術向上の為、一度お試しあれ!!!!!!!!